不妊治療の成功率を高めたいのならまずは精液検査を

顕微鏡

不妊治療の成功率を高めるためにまずしておきたいことが、精液検査です。妊娠に関する検査や治療が必要なのは女性側だけと考える人は少なくありませんが、不妊の原因は夫婦によって様々で、男性側に問題があることも、男性・女性共に原因があることも少なくありません。妊娠が難しくなっている原因を特定しないまま、治療を続けると、結果が出ないまま治療を続ける状態が大きなストレスとなり、より妊娠が難しい状態となってしまう可能性があります。それだけに、スムーズに不妊治療を進めていきたいのであれば、男性側も男性の不妊治療専門クリニックに相談に行き、精液検査を受けておくことがおすすめです。
精液検査の結果、問題が見つかれば、さらに詳しい検査を行い妊娠に向けての治療をスタートすることができます。さらに、検査によって問題がないことが分かれば、妊娠をしない原因が自分にあったらという不安からくるストレスを感じることなく、前向きに不妊治療に取り組んでいくことができるでしょう。精液検査は高いのではないかと考える人もいますが、健康保険が適用されるため手頃な料金で受けることができます。そのため、不妊かもしれないと感じたら、精液検査から始めておくことがおすすめです。

不妊かもしれないと気づいたら精液検査から始めよう

不妊治療というのは、女性だけが頑張るものではなく、夫婦揃って頑張っていく必要があるものです。妊娠をしない状態が続いているなど、不妊を疑っているのであれば、男性側も早い時点で男性の不妊治療専門クリニックに相談に行くことがおすすめです。男性の不妊治療クリニックでまず行うことになるのが、採取した精液の状態を確認する精液検査です。精液検査では、精子の数や濃度、運動性や形状などの確認をすることができます。ただ、この精液検査によって無精子症など妊娠に適さない状態であることが発覚したらと、不安を感じる人もいるでしょう。しかし、無精子症のようにそのままでは子どもを持つことが難しい状態であることが分かった場合、そこから精巣にある精子を確認し精子を外に出せるように手術を行ったり、精巣から直接精子を採取して妊娠を目指すなどの治療を行える可能性があります。こうした治療を行うために欠かせないのが、精液検査です。
結果に対して不安を感じる人もいますが、精液の状態を確認し妊娠しない原因を知っておけば、効率的な不妊治療を行うことができるようになります。そのため、不妊かもしれないと気づいたら、早めに精液検査を受けておくことがおすすめです。

男性不妊の原因を調べる精液検査に健康保険は適用されるか

不妊症の原因というのは、女性側だけでなく男性側にあることも多いものです。そのため、子どもを望んでいるのに妊娠しない状態が続いていると感じたら、男性も早めに男性向けの不妊治療専門クリニックに相談をして、精液検査を受けておくことがおすすめです。ただ、不妊治療に関する検査といえば健康保険が適用されないのではないか、全額自己負担になってしまうのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。確かに、不妊治療に関する検査や治療の中には健康保険が適用されないものも多くありますが、精液検査は健康保険が適用されるため、気軽に受けることができます。
そんな精液検査で分かることは、精液の量や精子の数や濃度、運動率や形状などです。精液検査で問題が見つかれば、より詳しい検査や治療に進んでいくことになりますが、その先の検査や治療は健康保険適用外となることが多くなります。費用に対して不安を感じる人もいますが、精液に問題があることに気付かないまま不妊治療を続けた場合、治療費が嵩むだけでなく、結果が出ないままお互いの年齢も上がり、より妊娠しにくい状態になっていく可能性があります。それだけに、不妊かもしれないと感じたら、その時点で精液検査をしておくことがおすすめです。

試験液体の容器

年齢に関わらず精液検査はしておいて損はない

勃起障害など目に見えて分かるような問題がない限り、男性は何歳になっても子どもを持つことができると考える人は少なくありません。しかし、精液の状態に問題があれば何度性交渉を繰り返しても、妊娠をしない…