不妊治療のために精液検査を行う時の流れ

白衣の先生

不妊治療をスムーズに進めたいのであれば、女性側の検査や治療を始めるのと同時に、男性側も男性の不妊治療専門クリニックに相談し精液検査を受けておくことがおすすめです。女性が多い病院で検査を受けることに抵抗を感じるという人でも、男性の不妊治療専門クリニックであれば、安心して足を運ぶことができるでしょう。そんな不妊治療クリニックで、まず行うことになるのが精液検査ですが、この検査を受けるためには数日の禁欲期間が必要となります。求められる禁欲期間はクリニックによって異なることもあるため、カウンセリングの際には忘れず確認をしておくことがおすすめです。
精液の採取は、禁欲期間終了後にクリニック内に用意された個室で行う形となりますが、慣れない環境では射精が難しいと考えるのであれば、自宅での採取を選ぶことも可能です。ただ、採取をした精液は少しでも早くクリニックに持ち込む必要があります。スムーズに精液検査を受けたい場合は、自分にどちらの方法が合っているかなどしっかりと相談をしておく方が良いでしょう。精液の状態というのは、妊娠に大きな影響を与えるものです。そのため、妊娠の可能性を高めたいのであれば、男性側もしっかりと精液検査をしておいて損がありません。

試験液体の容器

年齢に関わらず精液検査はしておいて損はない

勃起障害など目に見えて分かるような問題がない限り、男性は何歳になっても子どもを持つことができると考える人は少なくありません。しかし、精液の状態に問題があれば何度性交渉を繰り返しても、妊娠をしない…